更新日 2016-02-10 | 作成日 2016-02-10

頂天眼

生体・2007年・自撮影

琉金、らんちゅう、パールが家の定番飼育金魚ですが、たまに違う金魚も加わります。

金魚は「上からの鑑賞」を楽しむべく品種改良を続けられているそうですが、頂天眼は、小さな穴を開けただけの真っ暗な中で何代にも渡り飼育することにより出来たそうです。

「どれだけ光が欲しかったのか!?」と痛々しい眼差しでもありますが、確かに上からの姿はかなり珍しいです。


コレクション一覧に戻る

頂天眼